ドクターストレッチはトレーナーの接客力が高い!高い接客力を持つ理由を解説していきます 

この記事はプロモーションを含みます

ドクターストレッチのトレーナー。

トレーナーの接客面はどうなんだろう?

トレーナーガチャとかあるのかな?

実際にストレッチをしてくれる人。気になりますよね。

今回はトレーナーの接客面について解説していきます

トレーナーはストレッチ技術や身体の仕組みの他に、ホスピタリティ精神や接客面での研修を受け審査されてから店舗デビューをしています。

結論:ドクターストレッチのトレーナーは全員優秀な接客力を兼ねたストレッチのトレーナーです。

丁寧な言動は勿論、特に相手の要望(体の不調)を聞く事と要望に対する理解の早さは秀逸です。

当然要望にそったストレッチをしてくれます。

カウンセリング(ヒアリング)力について

カウンセリングについてご説明します。

ドクターストレッチは主に

着替え→カウンセリング→ストレッチ開始

となります。(着替えとカウンセリングの順番が前後する事もあります)

特に疲れている所を重点的にストレッチしてもらいたいなぁ

カウンセリングの目的は特にお疲れの部位をうかがいつつ、

「不快感の原因は何か?」を深掘りする事です。

体の本当に必要なストレッチをお声がけし、都度説明しながら実施されます。

【カウンセリングの具体例】

1日に9時間位デスクワークしてます。

肩こりがきついです。

カウンセリングはこれだけでも大体理解してもらえます。

上の男性の場合、長時間の同じ姿勢や不適切な姿勢が習慣化している事が読み取れますよね。

不快感のある部位をうかがい、後はトレーナーが掘下げてストレッチのプランを決めてくれます。

今日は肩こりという事なので、肩甲骨周りや座りっぱなしの腰周りを中心にストレッチしていきましょう

といった具合です。

カウンセリングで不快感の原因を掘下げて根本的な原因を見つけていく事がドクターストレッチの特徴です。

短期的な緩和だけではなく、長期的な体質改善を目指してご自身で出来るセルフストレッチや生活習慣の改善点をアドバイスしてくれます。

不快感を繰り替えさない体作りを目指しています。

短いカウンセリングでトレーナーが相手の要望(体の不調)を聞くスキルと要望に対する理解の早さとニーズに応える力が秀逸です。

接客面(ホスピタリティ精神)について

サービス業としての接客面のトレーニングは総合的に高いです。

公式サイトに「ホスピタリティ精神」も審査と文言があります。

目配り・気配り・心配り。相手が望んでいることを想像して、

その方法をしっかりと考えて相手が望むサービスを提供できるよう努力するトレーナーしかいません。

高いストレッチ技術+高いホスピタリティ精神

だからドクターストレッチは安心して来店する事が出来るんですね。

ストレッチ中について

最終的にドクターストレッチに通わなくてもいい体作りが理想と考えてストレッチをしてくれています。

本気でお体の悩みに向かい合ってくれます。

都度「この不快感の原因はここを伸ばす事で解消につながります」と説明されます

ドクターストレッチのストレッチに対してプライドがあるから真剣なんですね

ドクターストレッチリピーター
ドクターストレッチリピーター

そうですね。とは言え何度も通ったり初めてでも、

同じ人間通しですからトレーナーの普段の趣味や生活に関心を持つ事もありますよね。

世間話や何気ない会話になる事があります。

話している途中で同じ趣味や同じ行った事がある旅行先があったり

最近あった出来事などを話を聞いてもらったりする事もあります。

ストレッチ以外もすることもよくありますよ

ストレッチの説明や体の改善点をトレーナーに聞くもよし。

世間話を楽しみながらストレッチを受けるのもよし。

接客面はトレーニングされているので、その時の気分やそれぞれのリラックス方法でストレッチを体験してみてください

まとめ

高品質の理由はしっかりとした研修制度と試験に合格して店舗に配属されているからです。

カウンセリングで「不快感の原因は何か?」を深掘りします。長期的に見た体質の改善が期待できます。ご自身でできるストレッチや日常の不適切な姿勢のプチ修正をアドバイスしてもらえます。

接客面でのトレーニングは目配り・気配り・心配りや相手が望んでいる事を想像して高いサービス(ストレッチ)が提供できるようにホスピタリティ精神を審査されています。

高いストレッチ技術+高い接客面

是非ご体験ください。